競馬予想に名を轟かせた名馬”ツインターボ”

競馬予想に名を轟かせた名馬”ツインターボ”

ツインターボといえば名馬と言えるほど輝かしい実績がある競走馬ではありませんが、とにかく他馬を8馬身、9馬身と大きく引き離し大逃げを打つ個性的な戦法で、圧倒的な勝利を収めるか惨敗するかの分かりやすい勝ち負けが多い事から、競馬予想では特に穴党に愛される存在であり、個性的な名馬として競馬予想にその名を轟かせた存在でした。

ツインターボについては生年月日1988年4月13日、生産牧場は北海道静内町の福岡牧場、馬主・黒岩治夫、調教師・笹倉武久、父ライラリッジ、母レーシングジイーン、通算成績33勝6敗、主な勝ち鞍は重賞レース(G2)オールカマー1993年と(G3)七夕賞1993年、ラジオたんぱ賞1993年となります。

ツインターボの新馬戦デビューは1991年3月(旧年齢表記の4歳の時)で、この時は大逃げではないものの、逃げを打つスタイルで2着に3馬身差を付けての快勝でその片鱗をのぞかせていました。その後は重賞レース初出走にもかかわらず「ラジオたんぱ賞」で得意の逃げ切りで勝利を収めます。ただ、年末に初めて出走したG1では、やはりハイペースで逃げを打つものの惨敗に終わります。そのG1での惨敗をきっかけにツインターボは成績不振に陥りますが、6歳の時に出走した重賞レース「七夕賞」で大逃げ戦法が開花し圧勝劇を披露、その勝ちっぷりは多くの競馬ファンを魅了します。

そして、伝説と称される1993年「オールカマー」ではG1常連の名馬が揃っていたにもかかわらず、いつも以上のハイペースの大逃げで後続馬をグングン引き離し、ガス欠する事なくそのまま後続馬に5馬身差をつける圧勝劇で勝利を収めます。
ツインターボはこういった圧勝劇や惨敗を繰り返し、その個性的な大逃げを期待された存在でしたが、競馬ファンにとっては競馬予想に名を轟かせる個性的な名馬であった事は間違いないでしょう。

競馬予想で初心者が気をつけるべきこと-

競馬予想を行う上で様々な情報が要となってきます。特に初心者で陥りやすいのが山勘で馬券購入してしまうこと。それをするなら競馬予想サイトの無料情報を使った方がまだ稼げます。しかし、どの競馬予想サイトがいいのか初心者にはわかりませんよね。そこで私が調べた中でも競馬予想サイトの評価が一般投稿で書かれているサイトを発見したのでご紹介いたします。