競馬予想に名を轟かせた名馬”カネヒキリ”

競馬予想に名を轟かせた名馬”カネヒキリ”

カネヒキリは父であるフジキセキと母であるライフアウトゼアの間に生まれ、ダート戦線を賑わせた名馬です。

また生産牧場は大手牧場としても有名なノーザンファームであり、馬主は金子真人ホールディングスです。

カネヒキリの生年月日は2002年2月26日で、管理されていたのは栗東の角居勝彦調教師のもとになります。

通算成績は23戦12勝であり、数々のダートグレード競争に出走しています。カネヒキリは新馬戦では芝レースを使われていましたがダートで2連勝を飾ったこともあり、毎日杯で7着に敗れた後はダートグレードのレースを一貫して使われることになります。

3歳時には端午S、ユニコーンS、そしてジャパンダートダービーを連勝し、盛岡で行われたダービーグランプリにも勝利しています。

続く武蔵野Sでは2着に敗れたものの、競馬予想には欠かせない名馬として多くのファンを魅了していました。

その後は主な勝ち鞍でもあるジャパンカップダートやフェブラリーSを勝利し、ドバイへも遠征を行っています。

ドバイワールドカップでは4着となり、海外から帰ってきた後も怪我などにより休養を余儀なくされるなどしばらく不振を続けていました。

2008年には復帰戦である武蔵野Sで9着に敗れていますが、ジャパンカップダートには優勝しており年末に行われている東京大賞典にも勝利しています。

カネヒキリはダートグレード競争で強さを発揮したこともあり、NARでも最優秀馬としての称号や特別賞なども得ています。また2008年にはJRAでも最優秀ダートホースとしての称号を得ることになりました。

カネヒキリは引退後に種牡馬を続け、数々の名馬を世に送り出したことでも有名な馬です。