競馬予想に名を轟かせた名馬”ハーツクライ”

競馬予想に名を轟かせた名馬”ハーツクライ”

G1を勝ったような強い馬であっても、強かった時期は様々です。たとえばデビュー時から引退までずっと強い、クラシックは強かったけど古馬になってからまったく勝てないなどです。

ハーツクライはどちらかというと、若い頃はぱっとしなかったものの、古馬になってから強くなった遅咲きといえるでしょう。

ハーツクライのデータですが、生年月日は2001年4月15日、父は名種牡馬のサンデーサイレンス、母は重賞を勝ったことがあるアイリッシュダンスという良血で、馬主は社台レースホース、調教師は橋口弘次、生産牧場は社台ファームです。

デビューから期待されていた馬ですが、クラシックでは日本ダービーで2着と好走したものの、皐月賞は14着と大敗、一番人気で挑んだ菊花賞は7着に終わりました。

古馬になってからもG1で好走はするものの、勝てない時期が続きましたが、そんなハーツクライを変えたのが2005年の有馬記念です。この年、ディープインパクトが三冠を達成し、無敗で挑んできました。当然のように一番人気に支持されたのですが、ハーツクライはいつものような後方待機ではなく、序盤から前につけ、最後の直線、追い上げてきたディープインパクトを抑えて勝利したのです。

穴党と呼ばれるような競馬予想家さえも勝つのはディープインパクトでやむなしと考えていたレースで勝ったハーツクライは、その勢いを保ったまま、海外レースのドバイシーマクラシックに挑み、そこでも勝利、そして凱旋門賞と並ぶ大レース、キングジョージに挑戦します。

キングジョージではハリケーンランなど、ヨーロッパを代表する名馬たちと見応えのあるレースをしましたが残念ながら三着に敗れ、その年のジャパンカップで大敗して引退しました。

通算成績は19戦5勝と決して優れてはいませんが、有馬記念と海外のドバイシーマクラシックが主な勝ち鞍なのは輝かしい実績といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です