競馬予想に名を轟かせた名馬”サイレンススズカ”

競馬予想に名を轟かせた名馬”サイレンススズカ”

「日本競馬界最高の逃げ馬は?」と尋ねれば、最上位にくるであろう名馬がサイレンススズカです。父はサンデーサイレンス、母はワキア、生産牧場は稲原牧場で、生年月日1994年5月1日のサラブレッドです。馬主は永井啓弐氏で、所属厩舎は栗東の橋田厩舎(調教師:橋田満)。

通算成績は16戦9勝。主な勝ち鞍は「宝塚記念」「毎日王冠」「金鯱賞」「中山記念」など。意外にもGⅠを1つしか手にしていないのですが、何せレース内容が圧巻でした。サイレンススズカが本格化したのは5歳時からで、もともとスピードに定評があったのですが、更に磨きをかけて「逃げて差す」「異次元の逃亡者」と呼ばれるような脅威の走りを見せつけるようになります。

サイレンススズカを語るのに印象的なレースなのは宝塚記念(GⅠ)ではなく、毎日王冠(GⅡ)ではないでしょうか。このレースには後に凱旋門賞2着馬となったエルコンドルパサー、怪物グラスワンダーも出走。しかし、このレースでサイレンススズカはライバル馬に付け入るスキを与えません。テンのスピードが早く、序盤からハナを奪い快調にハイペースでラップを刻み、最後の直線では脅威の瞬発力を見せつけ、見事に完封します。このレースは今でも語り継がれており、史上最高のGIIと評価されています。

この毎日王冠の後、陣営が次に選んだレースは天皇賞(秋)でした。競馬予想誌など各メディアはこぞってサイレンススズカを軸馬とし、注目すべきはもはや着順ではなく、どういった勝ち方をするのか、というような賑わいでした。しかし、日本競馬ファンにとって忘れられない瞬間が待っていました。唯一無二のスピードを誇っていたサイレンススズカは、レース中に故障を発生。予後不良となり、安楽死の措置がとられました。

「もしサイレンススズカが生きていたら…」競馬ファンや関係者は幾度となくそういった夢物語を語りながら、今でもその死を惜しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です